スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by んだ!ブログ運営事務局 at

2014年04月30日

こういう話を聞くと


 お仕事を頂いている編集プロダクションにある奇妙な都市伝説(?)が存在してる。若手社員の間でそれは「恐怖の喫茶店伝説」と呼ばれ、大変恐れられている。

 渋谷にあるこのプロダクションは細長いオフィスビルの七階に入居していた。
 ビルの各階には様々な会社が入居し、B1には小洒落た喫茶店があった。僕は一度だけバータイムの時に訪れた事があるが、とても雰囲気が良く居心地が良かった。ライムの効いたジントニックはとても美味かった思い出がある。
 そんな喫茶店をプロダクションの若手社員たちはとても恐れていた。もちろんそれにはきちんとした理由があった。

 ここのプロダクションは割と人の出入りが激しい。来るものを拒まない社長の方針が影響しているのだろう。
 その社長はチーフという立場で現場を回している。つまり自分が入社させた若手の働きを一番近い所で見ているのだ。これは一見、良いようにもとれる。しかしその一方ではマイナスに働く。ここの仕事に不適合だと判断されると非情にもスパッと解雇されるからだ。

 これは聞いた話なのだが、解雇される時にはある兆候があった。
 忙しい時間帯にも関わらず社長から直々にビルのB1にある喫茶店に誘われる。そして店に入るとこの店で一番美味いと言われるマンデリンが振る舞われる。その席で直々に解雇を言い渡されると言うのだ。これが皆が恐れる恐怖の喫茶店伝説の中身である。

 もちろんこれは不確定情報であり、噂にさえ創作を加える業界の体質も影響していると思う。辞めた人間から真相などは聞く術も無いからだ。
 ただ現実に彼らはこの噂を恐れ、社長から地下の喫茶店に誘われない事を祈っていた。

 こういう話を聞くと、ふーん、へー、あ、そう。ってな感じでつい気楽な自分の立場から同情半分面白半分に捉えてしまう。編集者と言えど会社員なんて悲しいものですね、なんてついほくそ笑んでしまう。こういう僕は本当に性格が悪い。

 先日そんなプロダクションの社長さんと打ち合わせをする事になり、渋谷のオフィスへと向かった。社内唯一の応接テーブルが他の打ち合わせで埋まっていた事もあり、社長さんから「地下の喫茶店に行こうか?」と誘われた。
 その瞬間、社内の全ての動きが止まった気がした。忙しく働いていた編集者たちの動きが止まったのだ。ははあ、これが噂の喫茶店伝説か、と僕は思った。皆が恐れるフレーズに、社内のみんながフリーズするのだ。これは確かに本物である。

 もっともそれを恐れるのは社員さん達であって、言わば出入業者である僕にはなーんら関係の無い事である。社長の後に続き、僕はオフィスを出て地下に向かうエレベーターに乗った。
 喫茶店に入ると社長はすぐにマンデリンを注文した。それはとても美味そうな響きだった。立場が違えばなんのその、である。

 コーヒーが運ばれてくると、社長はモノのついでとういう感じで口を開いた。
「実は記事を書いてもらってる雑誌が廃刊になってさ」
 え……えええええ? それって唯一のレギュラーワークが……
 うーむ、どうやら恐怖の喫茶店伝説は相手を選ばないようである。自分には関係ないとさんざん高をくくってきた罰なのか? 何にしても困ったものである。あーこりゃこりゃ。  


Posted by Amy wu at 12:36Comments(0)情感類

2014年03月25日

これは

子供の間で相手への侮辱の言葉として、
「お前のかあちゃん出ベソ」というのがある。
冷静に考えれば、
かあちゃんのことを言われても、気にしたり腹を立てたりする事もないはずだが、
子供の間では相手に対する最高度の侮辱の言葉となる。

これは、日本だけの事ではなく同珍王賜豪、発想が似通ったものが外国にも結構ある。
たとえば、スペイン語の "tu madre!" は「おまえのかあちゃん」という言葉だが、
相手に向かってこれだけを言っただけで、かなりの侮辱の言葉になる。
これは、中国語でも同じ。

英語でも似たような発想があるようだ。
「大(だい)の大人に向かって"mom(マム=母親)" がついた言葉を
言うだけで、”甘えん坊” など、侮辱的な言葉になるようだ。

オバマ大統領が始球式で身につけていた、ゆったりとしたジーンズは、
"mom jeans" と呼ばれる母親好みのシルエット。
どう見てもダサイ。

最近、オバマ大統領もウクライナ情勢に関して、
強気のように見えるが中醫保健養生、内容的には明らかに分が悪い。

かつて、女性ながら副大統領候補となったアメリカのサラ・ペイリン氏は、
オバマ大統領に手厳しい。
彼女は、いわゆる男勝(おとこまさ)り康泰自由行
先日のテレビ番組で、ロシアのプーチン大統領を「クマと格闘する男性」としているのに、
オバマ大統領を"mom jeans" と呼んでいた。

この言葉の真意は、『ダサイ?』それとも『甘えん坊?』。

どちらにしても侮辱の言葉には違いがなさそうだnu skin 如新
  


Posted by Amy wu at 18:31Comments(0)康泰

2014年03月07日

格好悪い

先日まで読んでいた『高慢と偏見』でのコミュニケーションツールといえば手紙が主体だった。伝えたいこと、尋ねたいことは手紙に書いて送り、何日かして相手に届き、そしてまた何日か経てやっと返事が届いたり如新集團、届かなかったりだった。届いた手紙は大事に何度も何度も読み返された。

続けて読んだ浅井リョウ『何者』ではSNSが主体に描かれていた。たった今、会って飲み食いしている間にも、その状況がTwitterに流されたりする。あるいはそこで仲間たちが感じたあれやこれやが別れた直後に流れてくる。それは、実際にその場で見たり聞いたりした感じとは微妙に違っていたりもするし、言葉の選び方によっては妙に格好つけているように見える。でももちろん、それが全てではない。選ばれた言葉の裏には選ばれなかった言葉があるし、その方が多いnuskin 如新

そういった現代の学生のコミュニケーションとままならぬ就活を絡めた話を、ああ、こういう人いるよね、わかるわかると主人公の目線になって読んでいると、最後の最後にひとりの女の子から、主人公ともどもしっぺ返しを食った。

「そんなに遠く離れた場所でひとりでいたって、何も変わらないよ。そんな誰もいない場所でこってりと練り上げた考察は、分析は、毒にも薬にも何にもならない。それは、誰のことも支えないし、いつかあんたを助けたりするものにも、絶対ならない」

格好つけていたって何も始まらない、格好悪い自分のままあがくしかない、格好悪いと思われてるの分かってたって、このやり方でやるしかないからやるんだとその女の子は言う。そう言えるあなたも充分格好つけてるじゃんと、わたしは思ってしまう如新香港
格好悪いと分かってても頑張ってるんじゃなく、「誰に何と言われてもじぶん(だけ)はこれが格好いいと思うからやってるんだ」と言えないからこそ、格好悪いのではないのかな。  


Posted by Amy wu at 16:11Comments(0)nuskin

2014年02月27日

姉たちが賢すぎるのだ

電車の中で、座席でノートパソコンを広げている人を見かける。
駅から駅へと私鉄から地下鉄に移動、乗り換え途中の通路で、ノートパソコンを広げている人もいる。
ノートパソコンを窓側に置き兒童成長桌、しゃがみこんで、画面を見ている、サラリーマン風の人。ごくろうさん。

わたしの、ちっちゃいタブレット、あんなかんじのを操作している人は、今のところ、見かけなかった。
見かけるのは、スマホか、ノートパソコン。
ちっちゃいタブレットは、電車で立って操作しにくい。
スマホも両手が必要だろうけれど、ちっちゃいタブレットを片手で持つには、ちょっと長時間は疲れる。

見かけは二つ折れ、スマホじゃないガラパゴス・ケータイで、カッコ悪いが、調べモノや、他のブログを読んだり
自分のブログを書いたり訂正したり、
そういうことは、スマートじゃない見かけほど不自由なくできる。

タブレットは、旅用に取っておくことにしよう。

・・・

ちなみに康泰導遊

高齢の母にブログの概念、仕組み、一般的説明をした。
端末に配られ、届く、と思っているようだ。
新聞みたいに配られるのではなく、自分で取りに行くんだと説明したが、あまりわかっていなさそう。
メルマガや広告みたいに、メールで届くものもあるようだが、ブログのイメージとしては、ちょっと違う。

行きたい場所を調べるための、グーグルなどの説明も、以前、移動中の車の中でした。
「電話番号は検索したらわかるよ」、と、実際に操作し、そのまま、調べた電話番号に電話をかけた。
母は、電話交換手みたいな人が、「ちょっとお待ちください」と、
リアルタイムに直に電話の向こうで番号を探してくれている、と思っているようだった。
「パソコンを通して自分でこっちから探し出したのよ」と、どうせ理解してもらえないだろうと思いつつ、虚しく説明。
絶対にわかっていない。

べつに、わかってなくてもいいし、概念をわかりなさい、というほうが、無理。

が、母は、経済の動きや、世の中の出来事は、テレビのニュースや解説で、興味深く見聞きしている。
それには、やはり感心する。

姉たちは、母が年相応にボケていると言う。少し反応が遅いだけだとわたしは思う。
わたしは、反応の鈍さなら負けていない。
その母のボケぶりをほんの少し、かわいくしたボケぶり、ミニ版である。
なので、あの程度のボケをボケているというのには、非常に抵抗がある。
あくまでも、年齢に応じた、自然な老化現象である。
ということは、わたしは、年齢より先取りか?
まあいい。

姉たちが賢すぎるのだ。
シャープで、頭脳切れ味キレキレの義姉と、
努力家、情報収集、行動力、実践力あり、で、アイデアひらめきもばっちりの姉。
その姉たちと、とろ~んとしたわたしと、母。
ちょうど、不思議なバランスになっている。
三角形如新集團
クイック、スロー、スローー、クイック、スロー、スローー・・・というリズム。
わたしは、姉側に寄ったり、母側に寄ったり。
最近は、ほとんど母側か。
クイック、スローーーー、スローーーー、クイック、スローーーー、スローーーー。


姉たちに、「領収書はどこ? 明細は? 内容は? いつ? どこで? いついつに郵送された書類は? 一連の関連書類は?・・・」
などと、まるで国会の証人喚問のように問いただされる母を見て、
ああ、気の毒~、
・・・わたしなら、次から次へと降りかかる事務処理を忘れて、小さくなって泣きそうになっているだろう。
あるいは、ほったらかして逃走しているかも知れない。
でも、母は、わたしとは性格がまるで違うので(楽天家なところは同じだが)
怖いものなし。
誰も太刀打ちできない、最強の武器である「開き直り」「逆切れ」は、常套手段。

姉があれこれフォローすることになるのだが。
ごくろうさま。
ただし、口では腰が痛いだの、弱弱しいことも言ってみせる母だが、まだまだ現役の気骨満々なので、
なかなか折れない。
姉が母をあれこれ説得するのにも、言葉を丁寧に選んでいる様子。
母は、以前に比べると、かなり老化現象が見られる。
身体も頭脳も寄る年波には勝てず、反応が鈍くなり弱ってきて、やっと老人の仲間入りをしてきたように思う。

・・・

「50代がいちばん、なにもかもが充実した年齢だ」と、母が言う。
体力、気力、知力、経験、その他もろもろ。
なんだって、やれる時期だ、と。

わたしはそうすると、その黄金の50代をさほど生かしていないような、
ただただ、今後来る老後には、きっと出来ないだろうことを今しているだけのような、
そんな気がする。
全然、人の役にも、社会の役にも立っていない。(迷惑もかけていない・・・はず)
それはそれで、いいのか。
さらに老化した頃には、益々、人さまのお役になど、立てそうもないが。

母を見習って、開き直りのセオリーでいくことにしよう。  


Posted by Amy wu at 13:00Comments(0)nuskin

2014年02月15日

夢の世界と言えば

冬季オリンピックが開催されてから寝不足気味。
深夜まで、日々熱い戦いを楽しんでいるというところだろうか。
世界が一つとなり香港如新集團
、夢を追い求める場でもある。

夢の世界と言えば、
童話に描かれているのもそのような世界。
全てが、メルヘンチックで心やさしく育つように書かれたものと思うが、
時には、辛辣でおどろおどろしいものがあったりする。

童話を書いた代表的な人物としては、
17世紀フランスのシャルル・ペローと19世紀初頭 ドイツのグリム童話がすぐにあがる。
ともに伝承されていた話をもとに描いたものがある。
そういったものの中には、たしかに、辛辣なものがある。
また、両者には、同じ『赤ずきん』や『シンデレラ』の話が出てくるが作風は少し違う。
グリム童話にはないが、ペローが書いた童話の後には、
彼の持ち味を活かした「教訓」が出てくる。
たとえば、
『赤ずきん』の後には牛欄牌回收
「美しく愛らしく人好きのする女の子は、ご用心。
そんな子をつけまわしたり、甘ったるい言葉で誘う狼ほど危険なものはないのです。」
と、おせっかいな教訓が出てくる。
また、『シンデレラ』の後は、
「心のやさしさこそ、本当の天からの授かり物です。
これがなければ何もできず、これがあれば何でもできる」
と出てくる。

あまり知られていない童話に『親指太郎』というのがある。
兄弟の中でとりわけ小さく醜い子供が、みんなを救うという活躍を描いた物語。
その童話の教訓はnu skin香港
「人は、そんな小さく醜い子供をバカにしたり、からかったり、いじめたりするが、
一家を幸せにできるのは、ともすると、この小さな醜い子なのです」
と出てくる。

オリンピック競技で、勝ち残ってくるのは、

ともすると、このような選手?!  


Posted by Amy wu at 12:10Comments(0)nuskin

2014年01月23日

一寸法師です

はてなブックマーク
数ヵ月後、やっと都に着くと一寸法師は都で一番立派な屋敷に訪ねて行った。
その大きな門の前に着くと
「たのもう、たのもう」
バカでかい声を出しました。
「はーい。・・・あれ?」
門横の木戸から出て来た女の手伝いの人は、一瞬、首をかしげました。
「おや、誰もいないねえnuskin 如新
戻ろうとした瞬間、大きな声が聞こえました。
「おーい、ここだよ。ここを見てくれ」
どこから聞こえたのか分からず木戸から戻った。
すると再び。同じ声が聞こえました。
一寸法師は扉が閉まる直前に入ることが出来ました。
すると女の手伝いは、今度は玄関の中を見渡しました。
すると下駄の下に立っている、小さな一寸法師をやっと見つけました。
「あれまあ、何て小さい可愛い男の子だろう。体は小さいがこんなに元気」
そう呟くとお殿様に取り次ぎに行った。
暫く待っていると彼をお殿様の部屋に案内した。
彼は畳の上に座り、目を瞑り刀を抜いて待っていました。
その時、お殿様が部屋に入り見上げるように中央にある座布団に座りました。
「近こう寄れ、名前は何と言う」
余りにも小さかったのでお殿様は言いました。
「一寸法師です」
前に移動し座り直して名前をいいました。
「一寸法師法師、ちょっと変わった名だな。生まれはどこじゃ」
「東北地方の山奥から船に乗ってやってきました」
「年齢(とし)は幾つじゃ」
「もう直ぐ16歳になります」
「都には何しに来たんじゃ」
「立派な武将になるために修行しにまいりました」
その話を聞いてお殿様は気に入りました。
その結果、一寸法師は如新集團、その家のお姫様のお守り役に大抜擢されました。
お姫様の年齢も1つ下の15歳。年頃、家では何時でもお嫁に行けるように支度をしていました。
でもお姫様は一寸法師を見て驚きました。
「何と、可愛い男の子なんだろう。イケメン」
一寸法師に声を出して言いました
「お姫様、体は小さくてもこれまでに何度も襲われましたが難なく逃れることが出来ました」
「それなら、そなたの強さを見せておくれ」
そう言われると数日後、一寸法師は自分の強さをお姫様やお殿様に披露しました。
剣術、武術、和歌等の知識を披露しました。
そうすると益々、お殿様やお姫様に気に入れられました。

ある日の事、一寸法師はお姫様のお供をして、お寺にお参りに行くことになりました。
彼はお姫様のボディーガードとして警護する役目を仰せられました。

無事にお参りを済ませ、その帰り道、突然、二匹の鬼が現れたのです。
「おおっ、これは綺麗なお姫様だ。もらっていくとしよう」
鬼はお姫様を見ると欲しくなり、さらおうとしました。
「待て、待て!」
一寸法師は両手を広げて言いました。
「何だ、これ」
「何だとは何だ」
一寸法師も負けてはいません牛欄牌回收
「お前なんぞ、踏み潰してやる」
そう言うと大きな足で踏み潰そうとしました。
すると一寸法師は持ち前の運動能力を生かして逃げながら、
持っていた針の刀で鬼の足を刺しました。
「いて、いて、何をするんだ」
すると二匹の鬼は本気になって襲いました。
それでも彼は怯まず戦い続けました。
  


Posted by Amy wu at 17:09Comments(0)康泰

2014年01月15日

年末ですね

年末ですね。
そのせいか、仕事は暇です。

さて、この時期異性交友、忘年会などで酒を飲む機会が多いことでしょう。
提案ですが、
「アルコールを飲まない、飲めないのは誰か」
これをしっかり把握した方がいいですよ。

職場などで宴会となると、たいてい一人くらい下戸がいるものです。
無理に酒を勧めてはならないのはもちろん、
「その人に対する言動は慎重に」
という話です。

私の、今年(今月)の体験です。宴席で、酔った勢いなのか、かなり失礼なことを言われました。
こちらも酔っていれば、気にしなかったかもしれない。

ところが。

私は飲まないため、シラフです在線交友
宴会で誰が何を言った、何をやった、これらを冷静に全部見ている(覚えている)わけです。

たとえていうと、サッカーに興味のない人が、ワールドカップの観客を眺めているようのもの。
ああいう席は興醒めというか、ますます冷静になります。

また、組織のエライ人、酔っているようでも意外に冷静ですよ。
そうでなければ、出世しませんて。
「無礼講といわれても、本当の無礼講はあったためしがない」
よく言われることです牛欄牌回收
肝に命じてくださいね。

そして、私の職場の皆様。
私などを宴会に誘わないで下さいね。
それが、そもそもの間違いです。  


Posted by Amy wu at 15:33Comments(0)

2013年12月28日

サンタの正体


昭和30年代のいつからかはおぼえていないが、
クリスマスイブに、枕元に靴下を置く習慣が、わが家にあった。

「今夜こそは絶対に起きて、サンタを待っていよう」
弟や妹はそう言ってはしゃいでいたが、いつの間にか寝入ってしまう。
〈ふふ、子どもだな。〉
そんなふうに弟妹を見ながら、
自分だけは「サンタ」が枕元に贈り物を置くのをきっちり見届けてやろうと、
長男の貫禄を示しながら思っていた僕だったが……。

深夜のことでもあり、ついウトウトしてハッと目を開けると、
枕元には、しっかりとそれなりの物が置かれているのだった。

その素早さというかひそやかさは、実に見事なもので、
僕たち子どもは、「枕元の靴下」を置く習慣がわが家からなくなるまで、
イブにあらわれるサンタの正体を見届けることは、できなかった。  


Posted by Amy wu at 14:43Comments(0)

2013年07月12日

日記的なものがなく


日記的なものがなく、淡々と物語が更新されるばかりなので、表面上は伝わらないかもしれませんが、日々とても励みになり感謝しています。

来て下さる方はご承知のように、此処は大変暗くひっそりとした、決して心地いいとは言えない多くのものを置いてある場所です。
汚物で膨れ上がった『雫』が全ての汚物を掻き出し、その身を浄化され、やがて消滅する為の場所なのです。
吐き出したものを目を逸らさずに見据え、証拠としてその事実を受け入れ、確実に葬る為の場所なのです。

訪れて下さる皆様はおそらく、物語として割り切ってお付合い頂いているものと勝手に解釈しています。
寧ろそのようにお付合い頂く事を望みます。

あまり頻繁に更新できませんが、これからもどうぞそのような気持ちで、あまり深刻に受け止めずにお付合い頂けると嬉しいです。

いつ終わるとも分からない物語ですが、今日は是非感謝の言葉を記したく、この記事を挟む事にしました。
どうぞ今後もゆるりとお付合い頂ければ幸いです。  


Posted by Amy wu at 19:38
< 2018年12月 >
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
カテゴリ
最近のコメント
QRコード
QRCODE
庄内・村山・新庄・置賜の情報はコチラ!

山形情報ガイド・んだ!ブログ

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
Amy wu