2013年12月28日

サンタの正体


昭和30年代のいつからかはおぼえていないが、
クリスマスイブに、枕元に靴下を置く習慣が、わが家にあった。

「今夜こそは絶対に起きて、サンタを待っていよう」
弟や妹はそう言ってはしゃいでいたが、いつの間にか寝入ってしまう。
〈ふふ、子どもだな。〉
そんなふうに弟妹を見ながら、
自分だけは「サンタ」が枕元に贈り物を置くのをきっちり見届けてやろうと、
長男の貫禄を示しながら思っていた僕だったが……。

深夜のことでもあり、ついウトウトしてハッと目を開けると、
枕元には、しっかりとそれなりの物が置かれているのだった。

その素早さというかひそやかさは、実に見事なもので、
僕たち子どもは、「枕元の靴下」を置く習慣がわが家からなくなるまで、
イブにあらわれるサンタの正体を見届けることは、できなかった。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

< 2018年09月 >
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
カテゴリ
最近のコメント
QRコード
QRCODE
庄内・村山・新庄・置賜の情報はコチラ!

山形情報ガイド・んだ!ブログ

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
Amy wu