2014年02月15日

夢の世界と言えば

冬季オリンピックが開催されてから寝不足気味。
深夜まで、日々熱い戦いを楽しんでいるというところだろうか。
世界が一つとなり香港如新集團
、夢を追い求める場でもある。

夢の世界と言えば、
童話に描かれているのもそのような世界。
全てが、メルヘンチックで心やさしく育つように書かれたものと思うが、
時には、辛辣でおどろおどろしいものがあったりする。

童話を書いた代表的な人物としては、
17世紀フランスのシャルル・ペローと19世紀初頭 ドイツのグリム童話がすぐにあがる。
ともに伝承されていた話をもとに描いたものがある。
そういったものの中には、たしかに、辛辣なものがある。
また、両者には、同じ『赤ずきん』や『シンデレラ』の話が出てくるが作風は少し違う。
グリム童話にはないが、ペローが書いた童話の後には、
彼の持ち味を活かした「教訓」が出てくる。
たとえば、
『赤ずきん』の後には牛欄牌回收
「美しく愛らしく人好きのする女の子は、ご用心。
そんな子をつけまわしたり、甘ったるい言葉で誘う狼ほど危険なものはないのです。」
と、おせっかいな教訓が出てくる。
また、『シンデレラ』の後は、
「心のやさしさこそ、本当の天からの授かり物です。
これがなければ何もできず、これがあれば何でもできる」
と出てくる。

あまり知られていない童話に『親指太郎』というのがある。
兄弟の中でとりわけ小さく醜い子供が、みんなを救うという活躍を描いた物語。
その童話の教訓はnu skin香港
「人は、そんな小さく醜い子供をバカにしたり、からかったり、いじめたりするが、
一家を幸せにできるのは、ともすると、この小さな醜い子なのです」
と出てくる。

オリンピック競技で、勝ち残ってくるのは、

ともすると、このような選手?!


同じカテゴリー(nuskin)の記事
 格好悪い (2014-03-07 16:11)
 姉たちが賢すぎるのだ (2014-02-27 13:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

< 2018年08月 >
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
カテゴリ
最近のコメント
QRコード
QRCODE
庄内・村山・新庄・置賜の情報はコチラ!

山形情報ガイド・んだ!ブログ

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
Amy wu